スポーツ

アスリートのトレーニングや専門的なデータの測定のために様々なサイズ、 スピード、仕様で製作することができます。

大武・ルート工業は、これまでも特殊な条件の中でアスリートの競技力向上やデータの測定のために使用されるトレッドミルを数多く製作してきました。幅広くスピードの調整ができるもの、複数人で使用できる大型のもの、傾斜を利用して負荷をかけるもの、特殊な計測機器を内蔵したものなど、付加・調整できる機能は多数。東京オリンピックやパラリンピックなど、アスリートの独自トレーニングのためのオリジナルトレッドミルの製作も可能です。お客様との綿密なヒアリング、打ち合わせを経てご要望に最適なトレッドミルを提供します。

スポーツ用高速トレッドミル

上/スポーツ用高速トレッドミル 最高速度36km/h

左/埋込型大型トレッドミル スポーツ計測用
  スピード:0~40km/h(無段階変速)
  走行面:L4000×W2000mm
  傾斜:-17.6~+36.4%

埋込型大型トレッドミル
日本最大級の大型トレッドミル

日本最大級の大型トレッドミル スポーツ計測用
スピード:0~40km/h(無段階変速)
走行面:L5000×W3000mm
傾斜:-17.6~+36.4%

Case study | テック技販様 「フォースプレート内蔵トレッドミル」

室内など限られたスペースでフォースプレートを使った力学的計測を可能とした製品です。精度の良いフォースプレートデータを計測するために、ベルト下にフォースプレートを置いています。そのためダイレクトに使用者の歩行や走行での力を受けることが出来ます。またオール日本製なので、必須のベルト交換などメンテナンスへの対応からベルト制御プログラムの追加などお打合せにより仕様の変更も可能です。(テック技販WEBサイトより引用)


動画提供:テック技販様(http://www.tecgihan.co.jp/p6.htm)